Loading

BLOG

まつげエクステの“持ち”について

みなさまこんにちは。松本市まつげエクステ専門サロン

ルピナスのブログにご訪問いただきまして、ありがとうございます♪

 

まつげエクステをつけたことのある方はみなさん感じたことがあると思います。

付けたてはフサフサで嬉しくても、日数が経つにつれて、根元から伸びてしまったエクステがピョンピョンとあちこちに散らばってしまったり、ゴッソリ隙間ができてしまったり、カールがくるんと下を向いてしまうなんてことも・・・

こうなると、いくら1ヶ月経ってエクステがたくさん残っていたとしても、誰かに見られたくなくて、自信が持てなくなってきてしまう。

まつげエクステは、付けたてが綺麗なのは当たり前ですが、日数が経ってきた時、どんな風に残っているかがとても大事だと思うのです。

バラバラなエクステが付いている方を見ると、あれならつけない方が綺麗なのにと思ってしまいますよね。

付けてから1ヶ月経って、残ってるエクステはさほど多くなくても、バラついていなくて、まんべんなく綺麗に残っていたり、あまりエクステが取れた事を感じずに、お直しの日までエクステが取れてくるストレスをお客様に感じさせない付け方をする。というのがルピナスのポリシーでもあります。

お客様のまつげから、二週間後、三週間後を想定し、日数が経って伸びすぎてしまうエクステがないように、バラついたり、極端な隙間ができないようにデザイニングし、装着していきます。

エクステの持ちがいいというのは、1ヶ月後に残っているエクステがどれだけ綺麗な状態でとどまっているか。取れていくときも自然である事。とルピナスでは考えています。

まつげエクステで小顔効果も

花粉症の季節は目元へ負担を軽くしたエクステを

関連記事

  1. 大切な自まつ毛をケアしましょう

    2017.05.28
  2. 伏し目が美しく見えるJカール

    2017.05.13
  3. まつげエクステはどのくらいのペースでお直しが必要?

    2017.04.29
  4. カールとボリュームのキープ

    2017.08.02
  5. 少ない本数でもナチュラルさと満足感を感じられます

    2017.09.13
  6. エクステのバラつきが目立たないように

    2017.04.19

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP